イベント

2019年度 コミュニティカフェ「スペースナナ」の連続講座



〜コミュニティワークを学ぼう〜
スペースナナの連続講座8年目の今年度は、地域で起きる様々な生活課題に対応しつつ <誰もが安心して暮らせる>地域づくりをめざす方たちと共に、<コミュニティワーク>につ いて学ぶ講座を開催し、様々な困りごと解決に当たる人たちのネットワークを地域で広げて いきたいと思います。ご関心のある方は是非ご参加ください。

第6回 セクシャル・ハラスメントやDVの相談を受けた時あなたはどうする?
●10月6日(日)14:00~17:00
ゲスト:阿部 裕子さん(かながわ生活困窮者自立支援ネットワーク代表/ 一般社団法人インクルージョンネット神奈川理事)
NPO法人かながわ女のスペースみずら事務局長として長年セクシュアルハラスメントや労働相談、DV相談などを受けてこられた阿部裕子さんに、性犯罪に関する刑法改正の動きやセクシュアルハラスメントをめぐるこれからの課題、相談を受けた時の初期対応などについてお話しいただき、そのあとグループで話し合います。

第7回 身近な人からカミングアウトされた時あなたはどうする?
●10月26日(土)14:00~16:30
ゲスト:砂川 秀樹さん(文化人類学者、ゲイアクティビスト)
1990年からHIV/AIDS、LGBT関係のコミュニティ活動に関わり続けてきた砂川秀樹さん。東京や沖縄で、LGBT関係のイベントを立ち上げた経験を持ち、新宿二丁目の研究者でもあり、『カミングアウト』(朝日出版社)などの著書があります。「LGBT」「カミングアウト」をテーマにしながら、様々な人たちが生きやすい社会の実現のために必要なことについて一緒に考えたいと思います。

参加費: 1,000円(各回共通)
定員: 毎回20人(要予約・全回ご参加の方を優先します)
お問合せ・お申込み: 申込方法:以下の内容を添えてメール、FAX、郵送等でお申し込みください。
(1)お名前
(2)連絡先
(3)所属 ※お仕事や活動など
(4)応募動機 (この講座に何を期待しますか)
(5)参加申込の講座 (すべてお書きください)
申込先: NPO法人 スペースナナ
tel:045-482-6717
fax:045-482-6712
E-mail:event@spacenana.com

ブログはこちら
イベント

自分たちでつくるシニアの遊び場@スペースナナ



●10月25日(金)10:00 ~ 12:00
青葉区は高齢者の多い地域ですが、地域での支え合いのネットワークはまだまだ発展途上。そこで、地域で高齢者が気軽に通える多世代交流の場や認知症カフェなどの場づくりに参加しませんか。
認知症予防のゲームや遊びなどをご一緒に試しています。
10月は「スリーA」を体験します。どなたでもどうぞ。

参加費: 800円(お茶付き)
イベント

日本「現代史」講座 黄昏ニッポンどこへ行く 〜日本の「戦後」責任を透視する〜



●10月19日(土)14:30 ~
第1講 慰霊と鎮魂(全5講)
第2講以降 日程(11/16,12/7,1/18,2/29)

講師: 八柏龍紀
参加費: 1,000円 予約1,000円(全回申し込みは4500円)
申し込み: 090-7638-5093 メールはこちら
ギャラリー

菊池和子写真展&トーク 「芸能の灯 消さず」



●10月9日(水)〜13日(日)11:00 ~ 18:00
東日本大震災と原発事故の発生から8年半・・・。スペースナナでは、3.11を忘れないための写真展や絵画展を毎年、企画してきました。震災後から福島に足を運び、被災した人たちに伴走しながら3.11〈以後〉の福島を撮り続けてきた写真家・菊池和子さんの写真展とギャラリートークを、昨年に引き続き開催します。今回はとくに、福島の太平洋岸(浜通り)の芸能に焦点をあてた企画展です。ギャラリートークでは、写真が撮られた背景や写真に込められた思いなどをお聞きしながら、被災地のいまに思いをよせ、私たちに何ができるのかを一緒に考える機会にしたいと思います。お誘い合わせの上、ぜひ写真展とギャラリ―トークにお越しください。
※会場で菊池和子さんの新刊の写真集『この大地(フクシマ) 奪われし人々』や、『フクシマ漂流』『フクシマ無念』などを販売します。

菊池和子さんギャラリ―トーク「芸能の灯 消さず」
●10月12日(土)15:00~16:30
菊地和子さんからのメッセージ
「福島の太平洋岸(浜通り)は、民俗芸の宝庫だった。
2011.3.11の津波は、多くの人々の命を奪い、
福島第一原発の事故は、地域を崩壊させた。
そんな中、萎えそうな人々の心を芸能がかろうじて支えている」
参加費: 500円(高校生以下無料)
定員: 20名(要予約)
新着情報
ナナ食堂

ナナ食堂



ひとりでもかぞくやともだちといっしょでもOK。子育てに悩むおとうさん、おかあさんも大歓迎。どなたでもおいでください。

●10月12日(土)17:00〜
●10月26日(土)12:00〜(カレーの日)

ナナ食堂

参加費: 大人500円 こども無料 (25食限定)
イベント

コミュニティ居酒屋「汽水」



●10月16日(水) 18:00 ~21:00
中学や高校から、直接社会に出ていく若者のために、地域に<汽水域>のような、ならしの居場所を設けたい、と、スペースナナとNPOパノラマとの共同プロジェクトとして2016年9月からスタートした、若者応援のためのコミュニティ居酒屋です。

参加費: 大人2,000円 若者500円(飲み物持ち込み)
申し込み: パノラマ npo.panorama@gmail.com
イベント

ヒミツCafe



●10月20日(日) 10:00~12:00
身近なところで社会や政治や地域について話せる、いろいろな世代や人がまじくるタブーなき井戸端会議。テーブルトークから出て来た色んな話題を掘り下げて考えます。

参加費: 800円(飲み物付)
イベント

311カフェ 〜震災原発事故から8年 様々な想いを共有しませんか〜



●10月20日(日) 14:00~16:00
東日本大震災から丸8年。
復興という言葉だけがメディアから聞こえてきますが、福島第一原発事故の影響はまだまだ終わっていません。
私たち、避難者は原発事故があり避難しました。8年たち、支援が打ち切られていく中、同じ避難をした避難者と理解してくださる方々との交流と対話、問題点や不安を出せる場が必要だと感じています。

安心してなんでも話せる、必要な情報を共有できる場として開催していこうと思います。避難者の方が安心して集う場を作っていくため、避難者以外の方は、申し込みをお願いします。(避難者の方優先のため、お断りすることもあるかもしれません。予めご了承ください。)
避難者の方は申し込み不要です。

参加費: 1,000円(飲み物代込)※継続的な運営のための活動資金となります。避難者の方は無料です。
呼びかけ人: 岡田めぐみ・鹿目久美(福島からの避難者)
協力: NPO法人スペースナナ、東北キッチン
スタジオ

~思い出をスケッチに ~ 絵画教室



木曜コース 14:00~15:30
●10月10日 ●10月17日

旅の思い出を、写真だけでなくスケッチでも残したい。街や自然、人物や料理まで何でも描けるようになろう、という欲張りな教室です。主に水彩絵の具で制作します。

受講料: 6,000円(月2回)
講師 : 中畝常雄
東京芸術大学日本画科卒業。植物や風景画を得意としています。 水彩絵の具、色鉛筆、鉛筆、墨、などを使い、季節の花や果物、静物の描法を指導します。
スタジオ

ゆっくり水彩カフェ



●10月2日(水) 14:00~16:00

水彩絵の具で色づくりを楽しみながら、会話を楽しみ、出会いを楽しみ、ほっとする時間をいっしょに過ごしませんか?必要な道具はすべてお貸しします。手ぶらでお気軽にご参加ください。

参加費: 800円(飲み物付き、材料費別途200円)
講師 : ハシバ ヨシコ

ブログはこちら
スタジオ

手仕事カフェ



●10月9日 ●10月16日(13:30〜) ●10月23日 ●10月30日 14:00〜16:00
手仕事しながらお茶しておしゃべりする集いです。どなたでもご参加ください。着なくなった服や和服のリフォーム、ちょこっと手芸などやってみませんか?

参加費: 800円(飲み物付)
全ての講座について、事前の申し込みが必要です。お電話、またはメールにてお申し込みください。
*事情により、急に変更になることがございます。事前にご確認くださいますようお願い申し上げます。


ページ上へ
ナナのショップ
カレンダー

過去のブログ
スペースナナってどんなところ?
リンク
フェミックス
アートフォーラムあざみ野