カテゴリー別アーカイブ: 映画上映

2/10(土)ドキュメンタリー映画「ただいま それぞれの居場所」上映会

ドキュメンタリー映画『ただいま それぞれの居場所』(2010年、96分)は、民間福祉施設と、新たに、若者によって設立された三つの施設を取材しています。人手不足や低賃金などの問題ばかりが取り上げられがちな介護の現場ですが、この映画では、いくつもの人生の最後の季節、生と死のあわいに向き合い続ける日々と、利用者やその家族と深くかかわることを望み、日夜奮闘する施設のスタッフたちの姿が描かれています。

仕事を引退した事を忘れて出かけてしまうおじいさん、夢と現実の区別がつかずにスタッフを叩くおばあさん。個性的で、ときに一筋縄ではいかない人たちが、ここでは「普通」に生活しています。「一律に決められた“やらされる介護”はしたくない、一人一人に相応しい介護を見つけていきたい」そう語るのは、ある施設の園長でした。

制度とシステム、医療と介護、家族と社会。その挟間をさまよい続け、ようやく見つけたそれぞれの居場所には、大切な誰かと、ともに生きるためのヒントがあります。

 スペースナナでは2015年2月から、月に2回、世代を超えて誰でも安心して一緒に集い、おいしいご飯を食べおしゃべりできる場として「ナナ食堂」を開催しています。また、「地域でゆるやかに支えあう場をつくろう」という連続講座を毎年開催し、地域でともに生きる、ことについて考えてきました。

近年、認知症当事者の方たちからの「私たちなしで決めないで」というメッセージとともに、認知症の問題が取り上げられることが増えています。私たちの家族、友人などにも、認知症の人、認知症を介護する人がいて、認知症について考える機会が増えました。「ただいま、それぞれの居場所」は2010年の映画ですが、そこで展開される認知症の人たちとの日々の営みは、現在とかわるものではありません。この映画をみて、地域で共に生きるということについて、考え話し合う機会としたいと思います。

会期:2018年2月10日(土)14:00〜
参加料:700円(18歳以下無料)
定員:30人(要予約、先着順)
会場:スペースナナアクセス
横浜市青葉区あざみ野1-21-11
(東急田園都市線、横浜市営地下鉄「あざみ野」駅西口より徒歩6分)

主催:NPO法人スペースナナ
お申し込み:TEL 045-482-6717
E-mail spacenana@gmail.com

映画公式ホームページ
http://www.tadaima2010.com/