日別アーカイブ: 2018年3月29日

4/4(水)〜/15(日)Picture This 2017:横浜インターナショナルユースフォトプロジェクト

横浜インターナショナルユース フォトプロジェクトは、横浜在住 の外国にルーツのある子どもたち にカメラを持たせ、彼らが生活 する国際都市横浜を内側から可視化することで、多文 化共生社会へ向けての対話を提供しつつ、言語の違いを超えて伝えることができる写真 というツールで子どもたちの表現枠を広げ、自己肯定感を養うことも目的としています。

子どもたちの作品をぜひ観に来てください。

日時:2018年4月4日(水)〜15日(日)11:00~18:00
※期間中の月曜・火曜は休廊
会場:スペースナナ


ギャラリートーク
ゲスト:大藪順子さん

7日(土)午後2時からは、プロジェクトのディレクターでフォトジャーナリストの大藪順子(のぶこ)さんが、自らが人生の半分を海外で外国人として暮らした経験をもとに、プロジェクトに参加した子どもたちのこと、自己表現でありコミュニケーション手段であり自分と向き合い心を開く作業でもある写真のことについて語ります。

日時:2018年4月7日(土)14:00〜15:00
会場:スペースナナ
定員:20名 (要予約)
参加費:無料(ワンドリンクの御注文お願いします)
申込み・お問合せ:TEL 045-482-6717
E-mail event@spacenana.com

【プロフィール】大藪順子(おおやぶのぶこ) フォトジャーナリスト
アメリカのコロンビア・カレッジ・シカゴ卒業後、アメリカ中西部の新聞社で専属写真家を務める。野球やアメフト、ウォレン・バフェット、大統領選挙取材などの仕事の傍ら、性暴力被害者を取材撮影し「STAND:性暴力サバイバー」を発表。アメリカのテレビドキュメンタリーとなり、大きな反響を呼ぶと共に、米連邦政府の女性に対する暴力に関する上議員特別議会で発言権を与えられる。以来、ワシントンの上議員オフィスからハワイの女性刑務所まで、アメリカ各地で展示会と講演をし、米政府主催の防犯全米キャンペーン等にも携わる。2006年より日本各地でも講演と写真展を通して被害者支援への理解を広める活動する。‘02年ワシントンDCよりビジョナリーアワード受賞、’08年やよりジャーナリスト賞受賞。’11年シカゴの母校より卒業生優秀賞受賞。2007年著書「STAND-立ち上がる選択」出版(フォレストブックス)。現在横浜在住。
外国につながる子ども達の写真プロジェクト「横浜インターナショナルユースフォトプロジェクト」や国際交流も兼ねた女の子の自己肯定感を養うためのイベント「パパと娘のダンスパーティー(横浜インターナショナルDaddy
Daughter Dance)」のディレクターとしても活動する。

神奈川新聞の前回記事
http://www.kanaloco.jp/sp/article/304620