月別アーカイブ: 2019年1月

2/6(水)のゆっくり水彩カフェは「手作り色紙のコラージュ」です。

2月の水彩カフェは手作り色紙のコラージュです。

たくさんの小さい画用紙に好きな色や模様を描いて、
大きな画用紙に手でちぎりながら貼っていきます。
手でちぎることでなかなか思うように切れないので、そこに独特の味が出ます。
毎回びっくりするような素敵な作品ができあがるので大好きなワークの一つです。
楽しみにお待ちしています。

日時:2019年2月6日(水)14:00〜16:00 偶数月第1水曜日開催
会場:スペースナナ(アクセス
講師:ハシバヨシコ(アトリエfreechild主宰)
東京芸術大学油絵科卒業
新里里春氏に交流分析、平良晃氏に水彩画、浅葉和子氏にアートセラピーを学ぶ
受講料:1回 500円(+材料費200円)
*お飲物(300円~)を別途ご注文お願いします。

申込み・お問合せ
TEL 045-482-6717
E-mail event@spacenana.com

1/25(金)マザーズ・ジャケット主催講座「あなたが気づかないだけで神様もゲイもいつもあなたのそばにいる」〜差別者にも被差別者にもならないために〜

マザーズ・ジャケット主催講座
あなたが気づかないだけで神様もゲイもいつもあなたのそばにいる
〜差別者にも被差別者にもならないために〜

平良愛香さんは日本で初めてゲイであることを公表した牧師です。「同性愛は罪である」と解釈されていたキリスト教の教えや、偏見や差別に苦しむ苦悩の中で、仲間に出会い、また身近な方達に支えられ、やがてカミングアウトを決意されました。「存在しないと思われているうちは社会の理解は進まない」という思いから、平良さんはご自身の半生を伝えています。誰の隣にもさまざまなマイノリティの方たちがいます。あなた自身のために、そして、あなたの大切な人たちのために聞いてほしいお話です。

日時:2019年1月25日(金)18:30~20:30
講師:平良愛香牧師 (日本基督教団 川和教会)
参加費:300円(お茶代)
定員:20人
申込み:mothersjacket@yahoo.co.jp
会場:スペースナナ(アクセス
主催:マザーズ・ジャケット
共催:スペースナナ

●マザーズ・ジャケット
「障害児の母」というジャケットを脱いで大いばりで生きようよ、という母たちのゆるーい集まり。 講演会や自助グループミーティングを開いています。

※本講座は2018年度青葉区社会福祉協議会ふれあい助成金を受けて実施しています。

1/23(水)夢の吹く町〜人と人をつないで元気になろう!

青葉区・都筑区の新聞折り込みで発行される「ひろたりあん通信」の編集長の宮澤高広さんはこの地域で知らない人がいないほどの情報通であり、面倒見の良さで定評があります。「人と人をつないて、そこから生まれるものにわくわくする」と語る宮澤さんに、まちをおもしろくする秘訣をうかがいます。

日時:2019年1月23日(水)14:00~15:30
会場:スペースナナ(アクセス
ゲスト:宮澤高広さん(「ひろたりあん通信」編集長)
参加費:500円
定員:20人(できればご予約下さい)
申込み・お問合せTEL 045-482-6717
E-mail event@spacenana.com

1/26(土)ドキュメンタリー映画「夜間もやってる保育園」上映会

2018年度 コミュニティカフェ「スペースナナ」の連続講座
地域でゆるやかに支えあう場をつくろう Part7
生き心地のよい新しいコミュニティのつくり方

【第8回】
ドキュメンタリー映画「夜間もやってる保育園」上映会
日時 :2019年126日(土)14:00 ~ 16:30

全国で約80か所しかない認可夜間保育園。新宿歌舞伎町に隣接する大久保で 24時間保育を行い、オーガニック給食による食育や多動の子どもたちへの療育プログラム、卒園後の学童保育など、独自の試みを続けている「エイビイシイ保育園」を中心に、北海道、新潟、沖縄の保育現場を取材し、子どもを預ける親の様々な事情、保育士たちの葛藤と喜びなどを浮かび上がらせます。

監督は、介護福祉現場を追った秀作ドキュメンタリー「ただいま それぞれの居場所」の大宮浩一さん。

参加費 :1,000円
定員  : 25人
単発での参加も可能です。
若者や子どもの問題に関心がある方、地域で居場所をつくりたい方、支え手になりたい方、地域でつながりたい方、ぜひご参加ください。
会場 :スペースナナ
お問合せ・お申込みは、NPO法人 スペースナナまで↓
tel:045-482-6717 fax:045-482-6712
E-mail:event@spacenana.com


年齢、性別、国籍、障害のあるなしにかかわらず、誰もが安心して立ち寄れ、元気になれる場を地域でつくりたいと、コミュニティカフェ「スペースナナ」をオープンして7年半の月日が経ちました。
多様な人たちが、ゆるやかに支えあえるような地域づくりをめざして連続講座を毎年開き、2015年2月からは誰もが参加できる「ナナ食堂」を月2回開いています。
今年度は、<生き心地のよい新しいコミュニティづくり>に向けてさまざまな試みをしている方たちをお呼びして、8回の講座と1回の映画会を企画しました。
お話の後、ゲストを交えて参加者同士の交流の時間をとり、場づくりを始めた方、始めたい方たちの情報や知恵の交換の場となることを願っています。

*この講座はキリン福祉財団からの助成事業です。


2018年度前半の連続講座の内容と報告はコチラ