月別アーカイブ: 2019年8月

9/4(水)〜12/13(金)ココロはずむアート展Part8 ※5会場で開催します

「いいねえ」、「うん、いいでしょ」、「いいんですよ」、ってことばがとびかうアート展です。
横浜市北部で、働いたり生活している障害のある大人やこどもがつくるココロはずむアート作品が、かれらが普段過ごしている空間に展示されます。
町中にあるその空間に、ふらりと来てみてください。
きっと「いいねえ」とつぶやいてしまうでしょう。
その場にいる作家が、「うん、いいでしょ」とすかさず答えるはずです。
「いいんですよ」と、障害のある方とふだん過ごしていて彼らのなんだかわからない力にほれ込んでいる職員が静かに笑うのです。
みなさんを、きっとみなさんの近くにもある空間で、お待ちしています。
苦めのコーヒーや、飛び切りのお惣菜、アート作品を家に持って帰ることが出来る絵葉書と出会えるかもしれませんよ。

1.スペースナナ
◆日時:2019年9月4日(水)〜9月22日(日)11:00〜18:00(最終日16:00まで)
休み:9月9日(月)・10日(火)・16日(月)・17日(火)
◆会場:スペースナナ(アクセス)
◆電話:045-482-6717(電話受付は水曜日〜日曜日11:00〜18:00)
◆E-mail:event@spacenana.com

【出品作家による制作実演】
9月20日(金)11:00〜12:30

出品作家が来場し会場で制作します。この日は他所の事業所から作家がやって来て、会場の作家と並んで制作します。どうぞその仕事ぶりをご覧ください。


2.カプカプ川和
◆日時:2019年9月25日(水)〜10月11日(金)10:00〜17:00(最終日14:00まで)
休み:9月29日(日)・30日(月)・10月5日(土)・6日(日)
◆会場:カプカプ川和
◆住所:横浜市都筑区川和町1331-1
◆電話:045-938-5801(電話受付は平日の10:00~17:00)
◆アクセス:横浜市営地下鉄グリーンライン 川和町駅 徒歩3分
*店舗の前に駐車スペースがありますが台数が限られており、周辺のコインパーキングをご案内する場合もあります。足元がご不自由で、車でしか移動が出来ない方はできるだけスペースを確保いたしますので、前もってご連絡ください。

【出品作家による制作実演】
10月4日(金)13:30〜15:00


3.カプカプ竹山
◆日時:2019年10月17日(木)〜11月1日(金)10:30〜17:00(最終日14:00まで)
休み:10月20日(日)~21日(月)・26日(土)・27日(日)
◆会場:カプカプ竹山
◆住所:横浜市緑区竹山3-1-8-3102-203 竹山団地中央商店街
◆電話:045-934-6668(電話受付は平日の10:30~17:00)
◆アクセス:横浜市営地下鉄グリーンライン 川和町駅 徒歩3分
*JR横浜線「鴨居駅」よりバス56系統「竹山団地」行き約10分、終点「竹山団地折返場」下車、徒歩2分 竹山団地中央商店街内
*駐車場はA コープの駐車場をご利用ください。

【出品作家による制作実演】
10月22日(火)13:30~15:00
10月29日(火)13:30~15:00


4.アート屋わんど
◆日時:2019年11月7日(木)~11月22日(金)10:00〜16:00(最終日15:00まで)
休み:11月10日(日)・16日(土)・17日(日)
◆会場:アート屋わんど
◆住所:横浜市緑区霧が丘3-25-2-205
◆電話:TEL 045-923-0282(電話受付は平日の10:00〜16:00)
◆アクセス:JR横浜線「十日市場駅」南口からバス(横浜市営・東急・神奈中バス)23系統「若葉台中央」行き「郵便局前」下車、徒歩2分
車でお越しの方は霧が丘商店会駐車場をご利用ください。

【出品作家による制作実演】
11月13日(水)13:30〜15:00


5.えだ福祉ホーム
◆日時:2019年11月27日(水)〜12月13日(金)11:00〜15:00(最終日14:00まで)
休み:11月30日(土)・12月1日(日)・7日(土)・8日(日)
◆住所:横浜市青葉区荏田町494-7
◆電話:TEL 045-911-9995(電話受付は平日の10:00〜17:00)
◆アクセス:東急田園都市線「江田」駅、横浜市営地下鉄ブルーライン「中川」駅、どちらも徒歩15分
※足元がご不自由の方、車でしか移動できない方には、駐車場をご用意させて頂きますので、どうか前もってお電話ください。急には対応できない事がありますのでよろしくお願い申し上げます。

【出品作家による制作実演】
(1)11月29日(金)13:30〜15:30


ココロはずむアート展報告会:「作家を語る・作家が語る」

アートが生まれるその時を、ふだん作家のそばに寄り添い見守っている施設職員が語ります。今回は、作家自身にも語ってもらいます。アート制作から、ふだんの生活や趣味、そして制作の秘密まで、作家のお人柄に迫ります。

◆日時:2019年9月8日(日)14:00~15:30
◆会場:スペースナナ(参加はご自由です)

アートワークショップ:ダンボール額を作って、何でも飾ろう

クラフト紙ダンボールやカラーダンボールを使って、ハガキを入れる額を作ります。絵はがきや写真、描いた絵を飾って楽しみましょう。

◆日時:2019年10月19日(土)13:30〜15:30
◆講師:海老原克憲
◆会場:カプカプ竹山
◆定員:10名 ※要申込み
◆参加費:500円(材料と道具はこちらで用意します)
◆申込み:カプカプ竹山(受付は平日10:30~17:00)TEL045-934-6668

 

出品作家と所属団体の紹介

【アート屋わんど(緑区)】045-923-0282
緑区霧が丘のNPO法人ぷかぷかが営むアートショップです。絵画、一点物のT シャツやバッグを始め様々な物作りをしています。一人一人の個性を大事にした作品制作、それは思わず笑顔になってしまう物、手にした人が『大切にしたい』と感じる物たちです。
麻野理英・天野保隆・今井友貴子・大島秀一・小山翔平・斉藤隼雄・櫻井航希・佐藤隆信・澤野光世・田村亮輔・塚越直紀・寺澤郁美・中卓也・平本吉胤・二見育海・丸本真未・溝口秋也・三好綾・六ツ見光莉・山根彩子・横山祥平

【えだ福祉ホーム( 青葉区)】045-911-9995
えだ福祉ホームでは手作り製品を販売しています。レザークラフト、オリジナルカレンダー、手作り粘土ビーズアクセサリー、お菓子、織り製品。個性とりどり。皆さんの魅力がつまったものばかり。姉妹施設の「キッチンわかば」は美味しいランチをご用意してまーす。
國貞充弘・森英里・田原正美・廣松愛香・吉田茉友子・関戸翔大・源田航大・森日咲・間宮秋子・井上高・足立萌桃・安川哲史・清水二菜

【織人(緑区)】045-937-2411
織物や刺繍など、一人一人が商品と向き合うことで、「障害者だから」ではなく、価値を認めて購入してもらえる製品作りを目指しています。賑やかな鴨居の一角で、トンカタンと機を織る音を響かせて、
私たちは穏やかに活動してます。
鈴木穂野香・飯田大地・坂本貴子・細田裕明・森彩香・長谷川仁哉・ジャスミン・田村隆明

【カプカプ川和 (都筑区)】045-938-5801
よくよく見ると他にない人とものばかり。それは作品だけではなく、カプカプのお店にあるお菓子や飲み物、食べ物も他にないものばかりです。カプカプ川和に集う人々の手になる、どうしようもなく出来上がったものたちと人々を肌で感じて味わってみてください。
鵜飼剛史・内田勝太・越川亮平・佐藤瑞姫・下尾ひかり・頭金芳樹・新沼仁望・二宮彩・鶴見佑太・波左間美玖・平野日佳留・藤原直美・山田実紀・山本勉・與那嶺光雄

【カプカプ竹山(緑区)】045-934-6668
鴨居駅からバスで10分。喫茶とギャラリーと工房のある不思議な居場所です。みんなの「好きなこと」「やりたかったこと」につながればと、毎日パタパタ動き回っています。そんな日常から生まれた作品を、コーヒーでも飲みながら、ゆっくりご鑑賞ください。
板野淳子・榎本紗央里・戎井優理・金子由美・清原いずみ・小林大起・酒巻康郎・佐々木由有・佐藤祐希・NM・中山和也・能澤宏美・原橋邦明・山口奈穂・渡辺誠

【グリーン(青葉区)】045-482-7277
鴨志田で無農薬の野菜やお米を栽培しています。収穫した野菜をそのまま販売するだけでなく、ドライ加工をして便利で美味しい製品を作っています。地域イベントやアンテナショップ「とうり」で販売しています。また、刺繍やイラストなども楽しんでいます。
池田優・川原梓・熊本春樹・小松宏子・鈴木理恵・八代和也・村元太一

【コクーン(緑区)】045-530-0641
十日市場駅から歩いてすぐの放課後等デイサービスです。小~高校生の障がいのある子や発達の気になる子たちに、ムーブメント教育・療法を基にした療育支援を行っています。アートムーブメントの時間には、からだ・あたま・こころ全てを使って創作を楽しんでいます。

【つたのは学園(緑区)】045-983-4308
つたのは学園は現在約50名の方が毎日利用されており、4班に分かれ日々活動をしています。刺繍、農耕、アルミ缶、受注、リラクゼーション等1人1人の利用者の強みを生かせるような活動を日々行っています。その他年に数回旅行などの行事もあります。
大冨鋭斗・ 髙木健靖・小島遼

【みどり福祉ホーム(緑区)】045-984-7878
十日市場駅から徒歩5分の地区センター隣にある、主に身体・知的障がいのある方21名が自主製品や季節の飾り作り、公園清掃など日々にぎやかに過ごしています。今年はちぎり絵をつくり、作品の「いのしし」のように元気なみどり福祉ホームを目指しています!
青木孝信・ 石橋繭子・上地真実・小野寺修一・大滝肇・川野啓地・川島純・佐野美帆・陳野亜矢・戸田恭平・長谷部穣親・深澤実穂・福家希更・山本悟司・山本悠羽

【桃の実(青葉区)】045-883-7680
近くに桃の桃源郷があることから名づけられた「桃の実」。この自然豊かな保木の地域で、ウォーキングなどの余暇活動や、麦、キャンドル作り、エコボールの作業等を行っています。利用者さんひとりひとりのペースを大切にする、アットホームな場所です。
池田新・磯崎光・佐々木省吾

【ワーク中川(都筑区)】045-914-8290
市営地下鉄中川駅から5分の場所で、パン、菓子、ジャムなど、食品製造に取り組んでいます。施設1階や都筑区役所内に喫茶「しゅしゅ」を展開し、安心・安全な製品を販売。余暇活動にも力を入れており、その中から個性豊かなアート作品が生まれています。
尾﨑直斗・大谷千夏


作家集
ココロはずむアート展では、作者を紹介する「作家カード」を作品と一緒に展示しています。
「障害者アート」としてくくられるのではなく、作品を手掛けた一人一人に、当たり前に顔や名前があって、日々その人らしく働き、生活していることを紹介しています。日頃一緒に時間を過ごしている施設の職員が紹介文を書いています。作品と共に、この作家カードにも目を留めて頂けるとよりアート展を楽しめると思います。

その作家カード、昨年のアート展が終わった後、まとめて“ココロはずむアート展作家集” という冊子にしました。いままでのアート展の記録でもあります。ぜひ手にとってご覧ください。この「作家集」はアート展開催資金に充てるため、有償でお分けもしています。開催にご協力頂けると幸いです。

 

ご支援のお願い
この展覧会もお陰様で9回目となり、作家にとっても関係者にとっても、恒例の事業になりました。ただ、毎年助成金を頂いて成り立っている活動です。今年も幸いに助成金を交付して頂けましたが、まだ予算額の半分です。自己資金が無く、このまま開催できるだろうかと不安です。どうか皆様のご支援をお願い致します。会場にカンパ箱をおいていますので、そ
ちらにご協力頂くか、下記郵便口座にお振込みをお願い申し上げます。

振込先:名称【ココロはずむアート展後援会】(一口3000円から)
郵便振替 00210−3−135298
ゆうちょ銀行 029(ゼロニキュウ)店 当座 0135298

会場にはカンパ箱を置かせていただきます。ご協力いただければありがたいです。