月別アーカイブ: 2020年7月

地域でゆるやかに支えあう場をつくろう~コミュニティカフェ「スペースナナ」の連続講座Part9(2020年度)

2020年度 コミュニティカフェ「スペースナナ」の連続講座
地域でゆるやかに支えあう場をつくろう Part9
コロナ後も<居場所>であり続けるには

コロナの前後では<風景>が一変し、もはやコロナ前にそのまま戻ることができない私たち。人と人がつながるという意味さえ変わってきてしまっている今、地域で<居場所>としてあり続けるには何が必要とされているのでしょうか?

人々が集まることが制約された状況のもとで、場を開き続け、あるいは相談機能や情報、物資の提供を途切らせることなく、地域の<居場所>であり続けた方たちのお話をうかがい、この時代に地域の<居場所>であることの意味を問い直したいと思います。
ご関心のある方は是非ご参加ください。

*この事業はよこはまふれあい助成金により実施しています。

参加費 :1回1,000円
定員  : 毎回12人(要予約・全回ご参加の方を優先します)
できる限りの感染予防をしながら、人数を制限して開催します(消毒・手洗い・マスク・検温などにご協力ください)。
誰もが安心して暮らせる地域づくりのために何かしたいと思っている方、居場所をつくりたい・考えたい方、ぜひご参加ください。
会場 :スペースナナ
お問合せ・お申込み
申込方法:以下の内容を添えてメール、FAX、郵送等でお申し込みください。
(1)お名前
(2)連絡先
(3)所属 ※お仕事や活動など
(4)応募動機 (この講座に何を期待しますか)
(5)参加申込の講座 (すべてお書きください)

申込先:NPO法人 スペースナナまで↓
tel:045-482-6717  fax:045-482-6712
E-mail:event@spacenana.com


2012年度の連続講座の内容と報告はコチラ
2013年度の連続講座の内容と報告はコチラ
2014年度の連続講座の内容と報告はコチラ
2015年度の連続講座の内容と報告はコチラ
2016年度の連続講座の内容と報告はコチラ
2017年度の連続講座の内容と報告はコチラ
2018年度の連続講座(前半)の内容はコチラ
2018年度の連続講座(後半)の内容はコチラ
2019年度の連続講座の内容はコチラ

 

 

【第1回】
7/19 生活を支える支援を考える
〜もし自分が当事者になったら〜

日時 :2020年719日(日)14:00 ~ 16:00
ゲスト根本真紀さん(ソーシャルワーカー)

1回目は、社協のソーシャルワーカーとして自治体や地域住民、NPO、企業などと連携して地域の課題解決に取り組む傍ら、ボランティアとして困窮者支援に奔走する根本真紀さん。霞が関の役人を経て現職に。国や行政機関が解決できることが実は少ないということを体験し、自ら枠を出て国や自治体と民間をつなごうと動く根本さんの話をお聞きします。

社会保険、社会保障、生活保護、民間のセーフティネットなど、さまざまな情報へのアクセスのしかたを学び、コロナによる混乱の中、自分が生活困窮の当事者になったらどのようなジレンマに直面するか、どこに助けを求めたらいいのか、そして支援者としてどのような動きをすればいいのか、参加者の皆さんとワークで体験しながら考えます。

根本さんの活動参考記事
コロナで起きた役所の制度崩壊。国家公務員辞めて支援の現場へ
この国で命は大事に扱われているのか。自らの病気と介護で感じた怒り


【第2回】
子どもたちの安心で安全な場を開き続ける
〜やりたいことがとことんできる、でも何もしないことも保障される場所〜

日時 :2020年725日(土)14:00 ~ 16:00
ゲスト西野博之さん(NPO法人フリースペースたまりば理事長)

2回目は、コロナによる一斉休校のなか、子どもたちを変わらず受け入れ続けた川崎の「認定NPO法人フリースペースたまりば」の西野博之さんにお話を伺います。

西野さんは1986年から不登校の児童や高校中退の若者たちの居場所づくりにかかわり、1991年に川崎市高津区の小さなアパートの一室で、学校に行けない子どもたちの「居場所」「フリースペースたまりば」を始めました。2003年に「川崎市子どもの権利に関する条例」のもと、安心して失敗できる遊び場「川崎市子ども夢パーク」がつくられたときに、川崎市の委託を受け、公設民営の不登校の子どもたちの居場所「フリースペースえん」を開設。その後夢パークの運営も担います。

「フリースペースえん」には学校や家庭、地域の中に居場所を見いだせない子どもや若者がやって来て、絵を描いたり、ゲームをしたり、楽器を演奏したり、子ども夢パークの中で木登りしたり、サッカーしたり、自分がしたいことをして自由に過ごしています。毎日子どもたちとスタッフがつくった昼食を共にし、「おいしい、うれしい、たのしい」でつながる中で安心感が生まれています。
「強制や評価されることなくやりたいことができる、何もしないことも保障される」居場所を、揺るがず提供し続けてきた西野さんに、コロナの時期、子どもたちや若者と共に過ごして見えたこと、感じたこと、子どもや教育をめぐるこれからの課題などについてお聞きし、地域の大人に何ができるのかを参加者とともに考えていきたいと思います。

たまりばホームページ


∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥
主催:NPO法人 スペースナナ

世代を超え、性別、国籍、障害のあるなしにかかわらず、誰もが安心して立ち寄れ、出会い、元気になれる場を地域につくりたいと、2010年12月にスタートしました。教育や福祉などをテーマに地域で活動してきたメンバーが、〈人が集い楽しさを生み出す交流スペース〉をめざして運営しています。お仲間になってくださる方募集中です。