3月13日地域でゆるやかに支えあう場をつくろうPart3と「レイプクライシス・ポスター展(3/13〜)」

第4回お空に虹をかけるまで
   ~レイプサバイバーやセクシュアル・マイノリティのサポート活動から

 

大阪・東京でレイプサバイバーやセクシュアル・マイノリティの支援活動を続けてきた岡田さんは、何かあったときに気軽に立ち寄れ、助けになれる場所、いろいろな困難を抱えた人たちが、それぞれに生きていける場所をつくりたいと、青森に拠点を移し、2014年4月にコミュニティカフェ&バー「Osora ni Niji wo Kake Mashita」をオープンしました。
予約なしに相談ができる場所が、「ただ、町の中に、ある」ということの大切さを実感しているという岡田さんに、1年たってみえてきた活動の広がりや手ごたえ、これからの課題などについてお話を伺いたいと思います。
●日時 :3月14日(土)14:00~16:00
●ゲスト:岡田実穂さん(RC-NET代表、青森駅前のコミュニティカフェ&バー Osora ni Niji wo Kake Mashita共同オーナー)
RC-NET(レイプクライシス・ネットワーク) とは……
RC-NETでは、全てのレイプサバイバーのために、そして私たち自身のために、団体や組織の垣根をこえて、必要な情報を提供し、社会一般に対して、レイプ・性犯罪に対する知識・意識の向上を図るためのアピールをしています。
Osora ni Niji wo Kake Mashita
 2014年4月26日にオープンしたコミュニティカフェ&バー。青森駅から徒歩2分。戦後闇市の時代からある駅前銀座という飲屋街にある。
●参加費:1回1,000円(学生、経済的事情のある方は500円)
●会 場:スペースナナ
●お問合せ・お申し込み
TEL:045-482-6717(月・火定休)(営業時間:水~日11時から18時迄)
FAX:045-482-6712
Eメール:event@spacenana.com

 

性暴力サバイバーにとって生きやすい社会を
   「レイプクライシス・ポスター展」想いは、きっと伝わる。(RC-NET)

3月13日(金)〜22日(日)@スペースナナ
※3月16日(月)、17日(火)は休廊です。ご注意ください。

3月14日(土)の岡田実穂さんの講座にあわせて、岡田さんが代表をつとめる「レイプクライシス・ネットワーク」が、2013年6月に「性暴力サバイバーにとって生きやすい社会を」というテーマで全国から公募したポスターのうち、25作品を展示します。
サバイバー、サポーター、性暴力被害当事者から送られてきた、それぞれのメッセージ、それぞれの体験、さまざまな想いがつまった作品たちです。
ぜひ、スペースナナでの展示を見に来てください。

 

第一回レイプクライシス・ポスター展 オープニング動画