3/3(木)〜/13(日)赤城修司写真展「Fukushima Traces 2011~2015」 ~3.11〈以後〉へのまなざし」

福島市に住む美術教師、赤城修司さんが、3.11〈以後〉の福島を撮り続け、Twitterで発信し続けてきた写真を展示します。12日のギャラリートークでは、スクリーンに写真を映しながら、赤城さんが撮影されたときの思い、いま改めて何を感じ、考えていらっしゃるのかをお聞きしたいと思います。

※会場で写真集『Fukushima Traces, 2011-2013』を販売します。

日時:2016年3月3日(木)〜13日(日) 11:00〜18:00 ※7日(月)・8日(火)休廊
入場料:無料
会場:スペースナナ(アクセス
申込み・お問合せ
TEL 045-482-6717
E-mail event@spacenana.com

赤城修司さんギャラリートーク「僕の見た福島」
日時:2016年3月12日(土) 14:00〜16:00
参加費:500円(要予約)
定員:25人

赤城修司(あかぎ・しゅうじ)さんプロフィール
1967年、福島県生まれ。1989年、筑波大学芸術専門学群洋画コース卒業。青年海外協力隊員として1994年より2年間ブルガリアに滞在して美術教師として活動。 出品展覧会に、「未来の体温 after AZUMAYA」(山本現代、アラタニウラノ、2013年)、「Transmission」(畠山直哉との二人展、スタジオ35分、2014年)等。現在、福島市在住、高等学校美術教員。