3/7(水)〜3/18(日)流転・福島とチェルノブイリ 写真展&ギャラリートーク

東日本大震災の発生からまもなく7年。
時間が経つにつれ、報道も減り、横浜に暮らす私たちが、東北の被災地のことを思い、想像することが難しくなっています。

スペースナナでは、これまで毎年〈3.11を忘れない〉をテーマに、写真展や映画上映会やトークイベント、マルシェなどを開催してきました。そして今回は、チェルノブイリと福島を取り続けてきた写真家・中筋純さんの写真展とギャラリートークを企画。

中筋さんは、目に見えず百人百様の考えがある放射能というあやふやな存在を前に、人間の感性が試されていると強調します。
「チェルノブイリと福島を一緒にするな、と数字ばかり比べて言う学者もいるけど、人が離散し、分断され、街が緑に覆われる時間の流れは同じ。根本に思いをはせないと」と語ります。
二つの被災地を知るからこそできることをと、双方の取材成果を初めて一つにした写真展「流転 福島&チェルノブイリ」を私たちの地域で、コミュニティカフェという誰でも気軽に立ち寄れる場で開催したいと思います。

ギャラリートークでは、中筋さんには写真が撮られた背景やエピソードなどをお聞きします。

写真展とギャラリートークを通して、被災地のいまに思いをよせ、私たちに何ができるのかを一緒に考える機会にしたいと考えています。
ぜひご参加ください。

2014年9月撮影 常磐線桃内駅(現在は開通しています)

日時:2018年3月7日(水)〜3月18日(日)11:00〜18:00
期間中の月曜・火曜は休廊
会場:スペースナナ(アクセス
協力:パルシステム神奈川ゆめコープ


ギャラリートーク
ゲスト:中筋純さん

日時:2018年3月10日(土)14:30〜16:00
参加費:1000円(お茶付き) 要予約
申込み・お問合せ
TEL 045-482-6717
E-mail event@spacenana.com

【プロフィール】中筋純・写真家
1966年、和歌山県生まれ。東京外国語大学中国語学科卒。出版社勤務を経て写真家となり、ファッション、オートバイ、人物撮影などの商業撮影の傍ら、廃墟や産業遺構の撮影を始める。ファインダーから人のいない廃墟を見ると人間の悲喜こもごもがかえって立ち上ってくるように感じてのめりこみ、数年後には日本国内の主要な場所をほとんど撮り尽くしてしまい、2007年にチェルノブイリを訪れる。美しい自然の中に横たわる石棺に衝撃を受けて通い続け、『廃墟チェルノブイリ』などの作品集を出版。2011年2度目のチェルノブイリ写真展開催の1か月前に東日本大震災が起き、福島県浜通りの原発周辺の街の撮影を始める。被曝者や公害病で苦しむ人たちを撮り続けおかしいと思うことを徹底的につきとめた写真家福島菊次郎を「心の師匠」と仰ぎながら、あえて<人のいない廃墟>を撮ることでそこにある人の営みを浮かび上がらせ、無関心層の人でもふっと入り込めるような表現にして、観る人が自分の故郷を福島にオーバーラップして考えてもらうようになることを追求する。作品集に『廃墟チェルノブイリ』『流転チェルノブイリ』『流転 緑の廃墟』写真集『かさぶた 福島 The Silent Views』など。