3/1(水)のゆっくり水彩カフェは「白い花のワーク」です

3月は「白い花のワーク」です。

3月は久々の「白い花のワーク」をします。

白い花のワークは
そのとき手にはいった色々な花を描きますが、
描き方はちょっと変わっています。
画用紙の上に直接花を置いて鉛筆でだいたいの形をなぞり、
いったん花をどけていい角度に生けた花を見ながら また鉛筆で手直しするのです。
そうすると好きな構図に描くことができ、その上実物大に描くことができます。
色をぬるのも水彩カフェ独特のぬり方で、普通の写生とはひと味違う作品になります。

ぜひ、新しい自分の世界と出会ってください。
楽しみにお待ちしています。

日時:2017年3月1日(水)13:30〜16:30 奇数月第1水曜日開催
会場:スペースナナ(アクセス
講師:ハシバヨシコ(アトリエfreechild主宰)
東京芸術大学油絵科卒業
新里里春氏に交流分析、平良晃氏に水彩画、浅葉和子氏にアートセラピーを学ぶ
受講料:1回 1,000円(+材料費300円)
*体験500円 (初回のみ)材料費別途(300円)
*お飲物(300円~)を別途ご注文お願いします。

申込み・お問合せ
TEL 045-482-6717
E-mail event@spacenana.com

4/15(土)「ニキ・ド・サンファルと出会う旅―ハノーヴァー・ストックホルム・ヘルシンキ」

那須高原にあった「ニキ美術館」が惜しまれながら閉館してこの夏で6年となります。

スペースナナではニキ美術館のご協力を仰ぎ、映画会やワークショップを開催してきましたが、3回目は初代館長増田YOKOさんのご次男で写真家の黒岩雅志さんが昨年9月にドイツや北欧をめぐり撮ってこられたニキの作品のスライド上映会とトークを開催します。

ニキファンのかた、ぜひご参加ください。当日はニキのグッスや本の販売もいたします。

日時:2017年4月15日(土) 14:00〜16:00
参加費:1,000円 (お茶付き)
定員:20名(要予約)
会場:スペースナナ(アクセス
お申し込み・お問合せ
TEL 045-482-6717
Fax 045-482-6712

E-mail info@spacenana.com

3/26(日)セミナー’20世紀と女性の人生’ 第1回「戦争と20世紀の女性」

セミナー「20世紀と女性の人生」

女性たちは20世紀をどう生き抜いてきたのでしょうか。
様々な分野で活躍した女性の軌跡を描く映像などをみながら、女性の生き方について話し合いましょう。
BBC制作のドキュメンタリーシリーズ EXTRAORDINARY WOMENの日本語字幕を監修した国広陽子さん(女性学)を道案内に、
ゆっくりお茶を飲みながらおしゃべりしましょう。

第1回のテーマは、「戦争と20世紀の女性」 
映画「マイフェアレディ」で有名なハリウッド女優オードリー・ヘップバーンの人生をたどります。

日時:2017年3月26日(日) 14:00〜16:00
参加費:1,000円 (お茶付き)
※会場費・機器レンタル費、印刷費、お茶代として1,000円をご負担ください。(DVD上映料無料)
定員:20名
会場:スペースナナ(アクセス
主催:女性のライフヒストリーを語る会
お申し込み・お問合せ
TEL 045-482-6717
Fax 045-482-6712

E-mail info@spacenana.com


セミナーは3回シリーズを予定しています。
2回目は、5月21日(日)、3回目は6月18日(日)です。
第2回は、性差別が当たり前だった19世紀、イタリアで初めての女性医学博士号を取得し、子どもの自主性を重んじる『モンテッソーリ教育』を生み出したマリア・モンテッソーリ(1870-1952)、
第3回は、近代中国史に大きな影響を与えた宋家の三姉妹のうち、蒋介石と結婚し、近代中国の発展に尽力した宋美齢(1897-2003)
を取り上げます。

2/1(水)〜/16(木)私のスケッチブック展

2010年スペースナナ開設とともに始まった「絵画教室」と「ゆっくり水彩カフェ」に通う生徒さんの3年ぶり2回目の合同作品展をいたします。
ご感想をいただければとても励みになります。
仲間になりたい、というご希望ならもっと励みになります。どうぞお出かけ下さい。

 

私のスケッチブック田口壽代s日時:2017年2月1日(水)〜16日(木) 11:00〜18:00
(6,7,13,14日はお休み)
会場:スペースナナ(アクセス
お問合せ
TEL 045-482-6717
E-mail event@spacenana.com

【絵画教室】
月2回 第2・3木曜日 14:00〜15:30
講師:中畝常雄
旅に出て、写真だけでなくスケッチでも思い出を残したい!スケッチを見ると、描いた時の空気、匂い、音までも思い出せる気がします。
そのために、森でも街でも人でも料理でも、何でも描けるようになりましょう。

【ゆっくり水彩カフェ】
月1回 第1水曜日 13:30〜15:30
講師:ハシバヨシコ
毎回違うテーマで形を描き、そこに色作りを楽しみながら水彩絵の具で彩色します。絵が苦手でも、がんばらなくても大丈夫。誰でも安心して楽しめる工夫が一杯です。出会いを楽しみ、ほっとする時間を過ごしましょう。4月からは日程を変更しますのでお問い合わせ下さい。

3/8(水)〜/19(日) 菊池和子写真展+ギャラリートーク

写真は、南相馬市鹿島区権現沢仮設住宅にて

写真は、南相馬市鹿島区権現沢仮設住宅にて

東日本大震災の発生から、まもなく6年が経とうとしています。時間が経つにつれ、横浜に暮らす私たちが、東北の被災地のことを思い、想像することが難しくなっています。

そこで、震災後から福島に足を運び、3.11〈以後〉の福島を撮り続けてきた写真家・菊池和子さんの写真展とギャラリートーク企画しました。
本展では写真約40点を展示します。

ギャラリートークでは、スクリーンに写真を映しながら、写真が撮られた背景やエピソードなどをお聞きしながら、被災地のいまに思いをよせ、私たちに何ができるのかを一緒に考える機会にしたいと思います。

お誘い合わせの上、ぜひ写真展とギャラリ―トークにおこしください。

菊池和子写真展「フクシマ 漂流はつづく」
日時:2017年3月8日(水)〜19日(日) 11:00〜18:00
※休廊 3月13日(月)・14日(火)
入場料:無料
※会場で菊池和子さんの写真集『フクシマ漂流 東日本大震災・福島第一原子力発電所事故から4年目の福島を行く』『フクシマ無念 2016.4.1避難指示解除の南相馬市小高区を行く ふるさとを追われて5年』を販売します。

菊池和子さんギャラリ―トーク「あの日から」
日時:2017年3月18日(土) 14:00〜16:00
参加費:500円
※高校生以下無料

定員:20人(要予約)

菊池和子さんからのメッセージ

あの日から ー2011.3.11 東京電力福島第1原子力発電所爆発事故から

あの日から
フクシマは日本と世界の道しるべとなった

ヒロシマに降った死の灰の168倍*もの放射能が降り注いだのは
フクシマだけではない
栃木・群馬・茨城・埼玉・千葉・東京から静岡辺りまで
そして、莫大な量が太平洋に落ちた

この6年間で空間線量は下がってきたが
土に付着して雨や風に流され
今後何十年も、あるものは気の遠くなるような未来まで存在し続ける
汚染された大地の表皮は黒いフレコンバックに詰められ
ゾンビのように増殖し続ける

人々は土地も家も家族も仕事も学校も
何もかも奪われた
中には命さえも
家畜もペットも森や林の生き物たちにも
過酷な運命をもたらした

フクシマとフクシマの人々の声を
私は聞かねばならない
写真に閉じ込められた「無念」の叫びを
穏やかな目の奥の悲しみを
核災害の道しるべの言の葉を (菊池和子)

*ヒロシマ原爆の168倍 (セシウム137の量)
原子力安全に関するIAEA閣僚会議に対する日本国政府の報告書より


菊池和子さんプロフィール

kikuchi03きくち・かずこ

1945年、中国石門市(現・河北省石家荘)生まれ。大学卒業後、東京都公立小学校教諭となる。1994年に現代写真研究所に入所し写真を学ぶ。2000年に早期退職し、2002年から6年間、ポルトガルで暮らす。2012年から2015年現代写真研究所「女性教室」にて講師を務める。
写真集に『しんちゃん』(2001草土文化) 、『チマ・チョゴリの詩がきこえる』(2005小学館)、『二十歳になりました』(2008子どもの未来社)、『PORTUGAL 藁色の日差しの中で』(2009現研出版局)、『命の限り-筋ジストロフィーの青年と家族』(2012現研出版局)、『東日本大震災 釜石レポート2011.7~2014.2 葉脈の街に明日を探して』、(2014遊行社) 、『フクシマ漂流』(2015.3.1 遊行社) 、『フクシマ無念』(2016.3.1遊行社)がある。写真展も多数開催している。

kikuchi04_s会場:スペースナナ(アクセス
〒225-0011 横浜市青葉区あざみ野1-21-11
(東急田園都市線、横浜市営地下鉄「あざみ野」駅西口より徒歩6分)
申込み・お問合せ
TEL 045-482-6717 FAX 045-482-6712
E-mail event@spacenana.com

2/1(水)のゆっくり水彩カフェは「らくがきワーク」です。

2月は「らくがきワーク」です。

一月はお休みをいただいたので、新年初めての会です。
毎年年始恒例の 墨の濃淡で描くらくがきワーク をしたいと思います。

日時:2017年2月1日(水) 13:30〜16:30 毎月第1水曜日開催
会場:スペースナナ(アクセス
講師:ハシバヨシコ(アトリエfreechild主宰)
東京芸術大学油絵科卒業
新里里春氏に交流分析、平良晃氏に水彩画、浅葉和子氏にアートセラピーを学ぶ
受講料:1回 1,000円(2月は+材料費100円
*体験500円 (初回のみ)材料費別途(100円)
*お飲物(300円~)を別途ご注文お願いします。

申込み・お問合せ
TEL 045-482-6717
E-mail event@spacenana.com

1/22(日)ドキュメンタリー映画上映会 さとにきたらええやん

ドキュメンタリー映画上映会 さとにきたらええやん

大阪市西成区釡ヶ崎。“日雇い労働者の街”と呼ばれてきたこの地で38年にわたり活動を続ける「こどもの里」。

“さと” と呼ばれるこの場所では0歳から概ね20歳までの子どもを、障がいの有無や国籍の区別なく無料で受け入れています。
本作では「こどもの里」を舞台に、時に悩み、立ち止まりながらも力強く成長していく子どもたちと、彼らを支える職員たちに密着。

子どもたちの心の揺れ動きを見つめながら、子どもも大人も抱えている「しんどさ」と格闘する人々の切実な姿を描き出しました。

日時:2017年1月22日(日)
第一回10:30~ 第二回14:30〜

参加費:大人700円 18歳以下無料(要申込)
会場:スペースナナ(アクセス

お問合せ
TEL 045-482-6717
E-mail event@spacenana.com

12/14(水)~/18(日)冬のフェアトレードマルシェ

パッチワーク@あざみ野スペースナナ
冬のフェアトレードマルシェ(ウインターセール)開催します

チョコレートからバッグ、ウエア、小物などきっと欲しいもの、あげたいものが見つかります。

目玉は、なんといっても冬物プライスダウン!
それぞれのアイテム、数に限りがあります。
この機会をお見逃しなく

皆様のお越しを、心よりお待ちしております!
~ウィメンズショップ・パッチワーク~

日時:2016年12月14日(水)~18日(日)
会場:スペースナナ(アクセス

お問合せ
TEL 045-482-6717
E-mail event@spacenana.com

年明けにpart2のマルシェも開催します。お楽しみに。
日時:2017年1月8日(日)~15日(日)
※1月9日(月)、10日(火)はスペースナナの定休日

12/7(水)のゆっくり水彩カフェは「落ち葉のワーク」です

久しぶりの落ち葉のワークです。

ナナに行く道々落ち葉を拾いながら行くのが楽しみです。
この記事を見たみなさんもぜひナナに来る途中できれいな落ち葉をみつけて拾って来てください。
楽しいですよ!

日時:2016年12月7日(水) 13:30〜16:30 毎月第1水曜日開催
会場:スペースナナ(アクセス
講師:ハシバヨシコ(アトリエfreechild主宰)
東京芸術大学油絵科卒業
新里里春氏に交流分析、平良晃氏に水彩画、浅葉和子氏にアートセラピーを学ぶ
受講料:1回 1,000円(12月は+材料費100円
*体験500円 (初回のみ)材料費別途(100円)
*お飲物(300円~)を別途ご注文お願いします。

申込み・お問合せ
TEL 045-482-6717
E-mail event@spacenana.com

11/30(水)〜糸と布で遊ぶ手作り展

さをり織りの作品を中心とした手作りの洋服や小物の展示・販売

saori1【出品者】
・KSG
横浜市立共進中学校と境木中学校の個別支援学級卒業生を中心とするさをり織りのグループ
・礒部幸江
手織適塾SAORI大宮の塾生
・岩手県宮古市・山田町の仮設住宅でさをり織りに取り組むみなさんの作品
・柴田暁子、手仕事カフェ、編み物カフェのみなさんの手作り作品

日時:2016年11月30日(水)〜12月11日(日)
11:00~18:00
 ※最終日(11日)は16:00まで、定休日12月5日(月)・6日(火)
会場:スペースナナ・ギャラリー(アクセス

お問合せ
TEL 045-482-6717
E-mail event@spacenana.com

さをり震災復興支援プロジェクト
saori2「NPO法人さをりひろば」では「さをり震災復興支援プロジェクト」としていろいろな支援をしております。私達の今回の手作り展も売り上げの一部を寄付して、被災された方達にさをりを織ってもらう活動を支援します。「応援しているよ!の気持ちをとどける」という「おもいのかたち」に、ご理解とご協力をお願いいたします。