ココロはずむアート展 part3

西野勝太障がいのある方たちのアート作品発表の場として始めた「ココロはずむアート展」も5回目を迎えました。 アート作品を制作しても発表する機会はまだ少ないと伺い、 そのお手伝いをしたいと始めた展覧会でしたが、毎回たくさんの魅力的な作品が集まり驚いています。

 

今回は特に、アート作品を商品にできないか? 見た人が欲しくなるような商品にするにはどうしたら良いだろう?を 専門家を招いて皆で一緒に考えたいと思います。



●会期中に3つの催しを開催します。
ご希望の方は、電話、FAX,メールでお申込み下さい。先着順です。

お申し込みはスペースナナまで
TEL:045-482-6717(電話受付は、水曜日から日曜日の11時〜18時です)
FAX:045-482-6712
メール:event@spacenana.com


出品作家による実演・作家と一緒に制作しよう!
この日出品作家が会場で制作します。どうぞ見学に来てください。
作家と一緒に制作したい方は道具をご持参ください。事前にお申し込みをお願いします。


わいわい検討会
【アドバイザー】
●11月8日 造形作家、ワークショップデザイナーなど3名
●11月22日 FUJI TATE P(クリエイティブデザイナー、シャンティークラフトエイドデザイナー)、コンティオ(障害者福祉施設コンサルティング・アトリエ事業)杉・山口
【参加費】
各500円(要申込み)
展示された作品を前にして、制作した本人や家族、所属する施設職員、作品を商品化する専門家やデザイナー、この展示や商品化に興味ある方々に集まっていただき、商品化についての検討会を開きたいと思います。それぞれの立場から自由に意見を出し合って頂き、ぜひ可能性を見つけたいと思います。


アートワークショップ
【参加費】
1,000円+材料費200円(要申込み)
【定員】
15名(材料はこちらで用意します)
【講師】
加藤道夫
(元東洋英和女学院小学部教頭、あおばおもちゃひろば、横浜ラポールおもちゃ図書館講師)




◆出品作家の所属団体の紹介、出品作家

アート屋わんど
(緑区)
いつものびのびと制作のお仕事をしています。今年2月に制作と展示ができるアトリエを開設しました。メンバーさんのユニークな作品を生かした雑貨の販売を中心に、ワークショップ、展示などを行なっています。ぜひお店にいらしてください。
【出品作家】 麻野理英・今井友貴子・川崎桃子・小山翔平・佐藤隆信・田畑登・寺澤郁美・平本吉胤・丸本真未・三好綾・横田恵美・横山祥平
えだ福祉ホーム
(青葉区)
障がいのある人が裂き織り作品、レザー作品、粘土ビーズ玉アクセサリー、紙すきハガキ、ブランチ営業などに日々取り組んでいます。製品作り、販売を通して社会貢献したいと考えています。
【出品作家】井上高・吉田茉友子
織人
(緑区)
鴨居駅から2分、知的障がいの人達が織り・ししゅうに取り組む工房です。時々開く展示会は、沢山のご近所さんでにぎわいます。
【出品作家】石山三郎・矢澤順子・田村隆明・細田裕明・飯田大地・長谷川仁哉・米原莉沙・荒井由美・鈴木穂野香・小川直美・森彩香
カプカプ川和
(都筑区)
地域作業所カプカプ川和は、2015年4月で6年目を迎えました。現在は20名のメンバーと少々の職員とで喫茶店を営業しながら、一人一人様々な日々を展開しています。カプカプ川和の“様々な”日々の一端をご覧いただけると思います。
【出品作家】佐藤瑞姫・鶴見佑太・坂田直子・山田実紀・與那嶺光雄・藤原直美・磯崎光・頭金芳樹・西野勝太・下尾ひかり
カプカプ竹山
(緑区)
竹山団地の池の前で、喫茶をしながら製作しています。とりとめのないおしゃべりと有機コーヒーやケーキ、四季の自然を楽しめます。
【出品作家】原橋邦明・板野淳子・戎井優理・佐々木由有・佐藤祐希・酒巻康郎・中里真弓・山口奈穂・清原いずみ・能澤宏美
グリーン
(青葉区)
知的障がいのある利用者さんが野菜作り、調理、地域の清掃活動などの仕事をしています。地域のつながりをもっともっと築いていきたいと思います。
【出品作家】稲葉紀之・池田優・熊本春樹・小松宏子・近藤拓馬・鈴木理恵・並木亮二・吉武良平・川原梓・安藤友和・八代和也・田中健太・佐々木竜二・池田真悟・長島一・今井奨・河村周應・白井亜希
つたのは学園
(緑区)
知的障がいのある人が、刺繍、陶芸、農業、空き缶つぶしの作業をしています。入浴や散歩、スポーツや季節毎のイベントも楽しんでいます。
【出品作家】那健也・御辺聖子・保坂優実・吉本昌文
ワーク中川
(都筑区)
安心・安全な食品の提供をモットーに、米や豆腐、パン、菓子を製造・販売している知的障がい者施設です。喫茶しゅしゅは、都筑区役所内にも支店があり、美味しいランチや自慢の製品を販売中。今回出品する、さをり織り部門にも力を入れています。
【出品作家】佐々木省吾・ 猪又玲・ さをり織り作業班


このココロはずむアート展は、神奈川県社会福祉協議会の地域福祉(ともしび)推進助成金を受けて実施しています。


ページ上へ

●会期中に3つの催しを開催します。

*ご希望の方は、電話、FAX,メールでお申込み下さい。
*先着順です。

お申し込みは
TEL:045-482-6717
FAX:045-482-6712
メール:event@spacenana.com

●ご支援のお願い

展覧会は5回目となり、出品者も作品点数も増加し、展示以外の支援についても動き始めました。今年は神奈川県社会福祉協議会のともしび助成金をいただいて活動を始めましたが、自己資金が不足しており、ご支援いただければたいへんありがたいです。
振込先はこちら


過去に開催された「ココロはずむアート展」はこちら

●NPO法人スペースナナ

世代を超え、性別、国籍、障害のあるなしにかかわらず、だれもが安心して立ち寄れ、出会い交流し、元気になれる場を作りたいと2010年にスタートしました。これからも、生きづらさを抱えた人たちとともに、ゆるやかに支えあう場を作っていきたいと思っています。2012年NPO法人となりました。もっともっと仲間をふやしたいと思っています。